株式会社グリーン・リボーン

国産木材利用推進のため、福岡県久留米市を拠点として、杉磨丸太による新しいログハウス・木造建築の研究開発、営業を行っております。

強くて美しい、自然志向のシーダーログ建築

シーダーログ建築は自然志向の建築として研究・開発されており、公共施設や民間施設、住宅や店舗など様々な建築に対応できます。一般的なログハウスとの違いとして、柱や梁が室内から見えるよう丸太の外側に壁を作るため、大きな開口部の窓や広々とした室内空間を実現できるのが特徴です。店舗・施設などでは全面ガラス張りの建築なども可能になります。
グリーン・リボーンのシーダーログ建築は、伐採搬出、樹皮剥ぎ、加工、搬入、組立てまで建物づくりの一連のシステムが構築されています。丸太を使った自然志向の店舗・施設や新しいログハウスづくりをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。