国産木材利用の時代です

 日本の国土面積は3779万ha、森林面積は2510万ha、国土の約3分の2(66%)は森林です。国際連合食糧農業機関(FAO)の2015年調査データによると、日本の森林率は68.5%でフィンランドに次いで世界第2位となっており、資源活用の観点からも日本では成長した森林を活かすべき時代になっています。                                                                                      グリーン・リボーンでは、近年推進されている国産木材利用の政策に寄与するため、従来のログハウスや木造建築などを応用し、新しい建築デザインについて研究・開発を行っています。福岡県の研究機関、設計事務所、構造設計事務所、建設会社の皆様と共に、これまで繰り返し様々な構造試験を行って参りました。グリーン・リボーンでは磨丸太を建物の構造材として使用するシーダーログ建築の普及活動を行っており、木材と接合金物の供給、施工図の作成、本工法の施工まで、一貫したサービスをご提供致します。  

 株式会社グリーン・リボーンは一般財団法人 日本ログハウス協会の正会員です。      (一般社団法人 日本ログハウス協会;http://www.loghouse.jpn.com