株式会社グリーン・リボーン

国産木材利用推進のため、福岡県久留米市を拠点として、杉磨丸太による新しいログハウス・木造建築の研究開発、営業を行っております。

よくある質問

  1. グリーン・リボーン
  2. よくある質問

当社によくお寄せいただく質問をまとめております。お問い合わせの前にご一読ください。

グリーン・リボーンは何をしている会社なのですか?
山林の経営、磨丸太の製造販売、シーダーログ建築の販売、シーダーログ建築用接合金物の販売などを行っております。
一般的なログハウスとシーダーログ建築の違いは何ですか?
一般的なログハウスでは丸太を主に壁として使うのに対して、シーダーログ建築は磨丸太を主に柱や梁として使う点が大きな違いです。そのためシーダーログ建築では大きな開口部や広々とした室内空間を実現できます。
シーダーログ建築は特別な掃除やメンテナンスが必要ですか?
一般的なログハウスのように丸太を横に倒した状態で組み上げると、丸太と丸太の間に埃がたまりやすくなったり、丸太が外部で雨曝しになった場合に水滴がたまりやすく木の腐食の原因となったりしますが、シーダーログ建築は一般的な住宅とほとんど掃除やメンテナンスの方法に変わりはありません。
シーダーログ建築は丸太が腐食しませんか?
シーダーログ建築は雨に濡れて乾燥しにくい場所には木材を露出させませんので安心です。
シーダーログ建築は地震に強いのでしょうか?
シーダーログ建築は丸太と丸太を専用接合金物で接合しているため、地震に強い建物になっております。
シーダーログ建築の設計自由度はどのくらいありますか?
一般的な木造建築よりは設計自由度は高めです。
シーダーログ建築を建てるにはグリーン・リボーンに依頼すれば良いのですか?
お客さまからのご依頼があれば当社で全て対応可能です。建築後のメンテナンスなどに関する窓口も当社が行っております。
シーダーログ建築は店舗の建築なども対応できますか?
対応可能です。元々シーダーログ建築は自然志向の建築として開発されましたので、自然味のある雰囲気や柔らかな空間をお求めの店舗様には最適です。様々な商業建築に対応出来ますので、是非一度ご相談ください。
保育園や幼稚園、福祉施設などの公共的建築にも対応できますか?
対応できます。子どもたちやお年寄りが丸みのある柔らかい印象の磨丸太に囲まれ、実際に自分の手で触れて生活を送ることは心穏やかな生活の形成に繋がります。また、角材と異なり角が立たない丸みのある形をしていることから、怪我の防止などにも繋がります。
試験棟ではどのような事を行っているのですか?
現在、住宅兼事務所として使用しており、構造特性などの観察や生活空間の快適性の確認等を行っており、得られた知見から商品の改良を進めております。
一部の部屋は内覧ができるようになっておりますので、実際に磨丸太を使った建築がどのような雰囲気の建物なのかを体感でき、また、磨丸太を実際に触れていただくことで、質感なども確認することが出来ます。
シーダーログ建築の見学はできますか?
平日(月曜~金曜)であれば、朝9時から夕方18時までの間、来店いただければいつでも内覧可能です。また、土日祝日でしたら、事前にご連絡いただければ内覧できるようにいたしますので、お気軽にお問合せください。